季節を感じる花

生けこみのご依頼をいただいて、和のお花を中心にというご希望だったので、本日は和花を中心に仕入れしました。

笹ゆり、しもつけ、ヒヨドリバナ、くがい草、河原なでしこなど、爽やかで楚々としたお花が入荷しております。

もちろん檜扇も入荷しております。

7月の京都といえば祇園祭、祇園祭といえば檜扇ですよね。

祇園祭は災厄除去のため始められましたが、檜扇で悪霊が退散したとの昔の言い伝えから、厄除けの花として祇園祭の時に檜扇を飾る風習ができたそうです。この時期、いけばなでは檜扇のお生花をしたり、お店のディスプレイに檜扇を飾っているところが多く、生けこみで使うことも多いです。

 

和花は旬の季節にしか出回らないので、見ると「あぁもうそんな時期かぁ」と感じられるお花が多いですよね。4月に猛暑があったり、秋になってもいつまでも暑かったり、気候で季節が感じにくくなっている今、お花はきれいなだけじゃなく、日本らしい四季を感じられる要素としても、生活に潤いを与えてくれるものじゃないかなあと思います。

 

なぜ花屋という職業を選んでいるのか、最近改めて考えることがあったのですが、生活の中で、「あぁきれいだなあ」と感じる瞬間がたくさんあったら、より楽しく豊かな人生になると思うので、そうなるような仕事に携わっていたいな、というのも理由のひとつでしょうか。

 

そんなことで、最近木曜日19時からの番組で、夏井先生の俳句査定にもはまっています。季節の美しさが感じられて面白いなあと、いつも思います。友だちは夏井先生の毒舌ぶりがあまり好きじゃないそうですが、みなさんどうですか?

 

ランキングに参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです↓

☆「にほんブログ村」

Après la pluie, le beau temps.

昨日、近畿地方には夕方台風が近づきましたが皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?

ちょうどすごい土砂降りの時間帯に、勤めていた花屋さんの仲間たちが訪ねてきてくれました。そして店じまいまで手伝ってくれました。やっぱり一人より仕事が速い・・・

 

そして19時ころからは最終の配達に出ました。その帰り道、藍色がかったグレーの雨雲の向こう側にきれいな夕焼け空が広がっているのが見えたのですが、空と雲と、それはそれは美しい色でした。

これを見ていたら、以前にフランス人の友だちが教えてくれたことわざを思い出しました。

「Après la pluie, le beau temps.」

今雨が降っていても、必ず晴れの日がくる=雨のあとには晴れた空の幸せな日が絶対にくる。今は大変でも、いずれ良いことが必ず起こる。

ということだそうです。

 

台風のあとの青空はひときわ素晴らしかったです!!

 

ランキングに参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです↓

☆「にほんブログ村」

 

青木さんのあじさい

青木園芸さんのあじさいの色が素晴らしいです。

最近、アレンジや花束の制作中、しょっちゅう「うわぁ~かぁわいい~」を連発しています。好きなものに触れていると楽しくてしょうがないですよね。息子はプラレールでいつまでもいつまでも遊んでいられるんですが、私には何が楽しいのかさっぱりわからないなあと思っていました。私が花を触ってるのと一緒の感覚なのかなぁ、とふと思った一瞬でした。

そんな看板息子は、こないだから土曜日はおやつを食べて水やりするのが仕事だと思ってくれているようです。

いつも食べるフルーツは「土曜日のおやつ」とみなしてもらえず、何かいつもは食べない特別なものを要望されます。来週は何にしようかなあ。

それではご予約分の花束のお渡しが完了したので、今から息子の新幹線熱にお付き合いしてきます!!

 

ランキングに参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです↓

☆「にほんブログ村」

 

 

 

あじさい鉢植え入荷してます

あじさいの鉢植えが入荷しています。それぞれにかわいくて毎日惚れ惚れしております。

トップの画像は花色が美しいことで有名な鬼木さんの秋色あじさい。ブルーとグリーンのグラデーションがシックだけど爽やかです。

 

もうひとつ鬼木さんのあじさい

ベージュというか、パープルというか、シルバーピンクというか・・・

何とも言えないお色。

 

次は純白の「シュガーホワイト」

真っ白なあじさいが街路樹の下に植えてあって、車で走っていても目に飛び込んでくるほど、くっきりきっぱり白くて美しいなあと、こないだ思いました。これまでは、勤務中にウェディングの装飾でよく見ていたので、自分の中ではありふれた(といっても好きですが)あじさいだったのですが、こないだ美しさを再認識しました。

 

アナベルも同じように、お散歩中どこかのお庭に咲いているのを見て可愛いなあと思ったお花のひとつ。地植えで大きな株になっていて、フワフワホワホワたくさんの丸い花が咲きほこっているのが印象的なお庭でした。

 

最後は「蒼のひとみ」という常山あじさい。

真ん丸つぼみも星型のお花も可愛らしい!!いわゆるあじさいと印象が違いますね。そして、秋には青い実がつくそうです。早速ひと鉢お庭に植えてみました。どうなるのか楽しみです!!

 

ランキングに参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです↓

☆「にほんブログ村」

ディスプレイ*枝の切れ端を使ったベース

バラのカフェラテがちょうどきれいに咲いていて、いろんな人に見てほしいのでウィンドウディスプレイにしました。

ドウダンツツジが山取れだそうで、枝振りが面白いので動きをいかしていけたいなぁ、、、ということで、水盤にこれまで溜めておいた枝の切れ端を組んでベースを作っていけました。

 

切花用に生産されたお花はまっすぐで、花束やアレンジメントに使いやすいけど、投げ入れなどには、曲がった自然の姿が面白いですね。いけるのにワクワクします!

今は事情でいけていませんが、常盤未生流のお稽古に通っていたときは、どんなふうにいかしたら美しく見えるか、枝とじっくり向き合うのが楽しい時間でした。仕事では、お客様をお待たせしないために、できるだけ早く瞬発力と直感で作りますが、いけばなはどれだけ掘り下げられるかの探究心でしょうか。曲がりのお花の価値を教えてくれたのは生け花です。

 

そしてもうひとつ、先生は尼門跡のご住職でしたが、教えてくださったことで、ことあるごとに思い出すお話がひとつ。

お宅にはあこや貝の中に真珠がひとつ入っているプレートのような額が飾ってあったのですが、急に真珠がどうやってできるか知っているか聞かれました。

そして説明してくださいました。

「あこや貝はなぁ、海の汚い不純物を身体に取り込んで、それを自分の力できれいな真珠にするんや。私もなぁ、これはちょっと嫌やなぁとか思うこともあるけど、そういうのもうまく付き合って取り込んで、美しい人生にしなあかんなあと思うんや。それでこうやってあこや貝を飾ってますんや」

とおっしゃっていました。

私も真珠がつくれるように精進しようと思います!!

 

ランキングに参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです↓

☆「にほんブログ村」

 

 

フランボワジエ

フランボワーズの葉を自分で作ってしまおう、ということで庭に2種類植えたのが、ファールゴールドの方に実がなりました。

元々の株は実り、新しい株が1メートルくらいの高さまで成長しています。お庭は砂利ばかりで痩せた土地なのに、この土地で根をはって新しい芽をつくって大きくなって・・・ということに朝から感動しました。

 

いつも帰り道に寄ってくれる小学生の子どもたちは、昨日固く閉じていた胡蝶蘭のつぼみが、今日は少し開いてきたことにすごく感動していました。きれいだなあ、植物の生命ってすごいなあと思ってくれていたら嬉しいです。そして大人になった時にもお花を身近において過ごしてくれたらよいなあ。

大学生のとき、もっとたくさんの人が美術に親近感がもてる世の中になればいいのに、そのためにはやっぱり教育からだ!と思って、美術館の教育普及を担当する学芸員になりたいと思ったことがありました。回りまわって今同じようなことがちょっとできているかもしれません(笑)

 

その小学生の女の子たちが、ドライフラワーのビオラのしおりを「これ可愛い~」と来るたびに絶賛してくれます。あんまりにも褒めてくれるので、ついあげてしまいそうになりますが、教育のためによくないのかどうなのか思案中です。

 

ランキングに参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。↓

☆「にほんブログ村」

 

 

涼しげに

配達にうかがって受け取られた時の第一声が「涼しいそうなお花やねぇ!」でした。

「うちわと一緒に贈るので涼しげな感じのお花で」とリクエストいただいて作ったアレンジだったので、イメージがストレートに伝わったことがとても嬉しかったです。

*************

さて、土曜日は保育園のお迎え時間が早いので、一旦留守にして息子を迎えに行き、16時からは二人で営業しました。

小さい観葉植物のお鉢を選んでいるお客様に、「これすごいよー」「これおはなさいてるー」「これもー」と、次々と花苗を運んでいく息子・・・商売上手です。

運んだお花は、「これあの箱にもどせるかな~?」「これは~?これは~?」とうまく誘導するお客様のおかげで、無事全部、元の場所にしまわれました。お客様は保育士さんで、さすが子どもの扱いに慣れていらっしゃいました。

 

閉店後は小さなお鉢を運んで片付けのお手伝いしてくれました。

 

とその前に、まずは腹ごしらえのみかんゼリー。最近、保育園から帰ってくると「まずは、おうと!(ヨーグルト)」と言います。

 

そして日曜日は、地域のバレーボール大会に参加しました。中高の部活以来、20数年ぶりだったので、高校時のイメージでこれくらいできるという感覚で動いていたら、身体がついていかなかったようで、右太ももが肉離れ寸前、それをかばっていた左足も痛める、というボロボロの結果になりました。今週はゆっくり営業したいと思います。でも運動は楽しいですね!!

 

ランキングに参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。↓

☆「にほんブログ村」

 

お花のアクセサリーが入荷しています(ブローチ編)

今日は朝から雨で薄暗いですが、そんな日はシャンデリアや照明がきれいで、それもまたよいです。

etoile d’argentさんからお花のアクセサリーが届いております。布でできたお花ですが、色も自分で染めていらっしゃるそうで、とっても素敵です。私自身がウェディングフォトを撮るときに花冠を作っていただいたくらい、昔からファンです。

水色のすずらんブローチ 3500yen

 

ひなぎくブローチ 3300yen

 

白い花束ブローチ 2300yen

 

白いすずらんブローチ 3500yen

 

ご希望の方は送料別途で発送も可能です。詳しい画像のご希望など、お気軽にお問い合わせください。

asagi@maisondoue.com

 

ランキングに参加しております。クリックして応援してくださると嬉しいです。↓

「にほんブログ村」

鳥取からの可愛いお客様

先日、大学時代の友人が親子で来店してくれました。2歳の女の子を連れて鳥取から日帰りでわざわざ来てくれて、涙が出るほど嬉しい気持ちになりました。

開店したらしたでいろいろあって、自信がなくなりそうになっていましたが、こうやってがんばれるパワーをくれる人たちが周りにいることはとても幸せですね。

連れてきてくれたAちゃんが超絶可愛くて、ポスターにしたいような画像もあるのですが、いちおう顔出しNGということで、あじさいでぼかしが入ったものを・・・

トップの画像はうちの息子くんです。保育園に行っていたのでAちゃんには会えず、帰って来てウィンドウをチェックしてくれているところ。殺風景というご意見もあったのですが、私はこのくらい空間があるほうが好きで、どんなもんか息子くんのご意見を聞いてみたいところです。最近、車を運転中右折するとき、「いける!」とか指示をくれるのですが、結構的確なタイミングなのでびっくりします。2歳児の本能で安全なタイミングがわかるんでしょうか。

さて、今日はバラのドルチェビータが入荷しております。元気をくれるような溌剌としたバラです!!

今週もよい1週間になりますように。

ランキングに参加しております。

クリックして応援してくださると嬉しいです→

「にほんブログ村」

アンティークのお菓子型*ドライフラワー

またまたドライフラワーですが、アンティークのお菓子型を使ってドライフラワーのミニアレンジを作りました。

『すみれの花の砂糖漬け』という江國香織さんの詩集があったなあと思いながら。『すみれの花の砂糖づけをたべると/私はたちまち少女にもどる/だれのものでもなかったあたし』

そんなイメージのお花になってますかね?

20代前半のころ、江國さんの文章が好きで、出る本全部読んでいましたが、いつの間にか読まなくなってしまったなあ。『あたしの一生』というねこさんの物語を翻訳されていますが、その本は今も持っています。

好きな作家さんはと聞かれれば武田百合子さんで、『日日雑記』は昔も今も大好きです。百合子さんみたいに肩の力を抜いて、素敵に歳をとっていけたらよいなあと思います。何かちょっと楽しくなるおすすめの一冊です。

 

ランキングに参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。→

「にほんブログ村」