ビンテージの流し台(東洋陶器)

昨日ようやく流し台の交換作業が終わりました。

ついていた流し台が、バケツを置いたりできないものだったので、何かもっと大きな流しに変えようと思っていて、タイル貼りにしようかと思っていたのですが、この白くてなめらかなビンテージの東洋陶器に緑が映えるだろうなあと直感が降りてきまして、どうやってつけるのかも考えずに購入してしまいました。

あまりの重さに壁付けするのが難しい上、配管のサイズが現在主流のサイズではなく、「これ使うの無理なのかなあ。この大きなかたまりどうしよ・・・」と思いかけましたが、助けてくれた方とひとつの奇跡で、昨日ようやく使えるようになりました。

古いものを使おうと思うと一筋縄ではいきませんが、とってもいい感じになりました。

ただの流し台の写真ですが、この数ヶ月ずーっと裏返しに置いてあった流し台が使えるようになって、感激のあまりアップしてしまいます!

 

ランキングに参加しています。

クリックして応援してくださると嬉しいです。→ 「にほんブログ村」

 

コメントを残す