フローリストという仕事

先日「自分のつくりたいものを作るなら作家になればよくて、花屋はお客様の希望を聞いてそれを形にするものだ」という文章を読みました。

私もかつて全くそのように考えていたのですが、今は何かひっかかることがあって、それが何なのかこのところずーっと考えていました。

「お客様の希望を聞く」のはもちろんやらなければならないことだけど、自分自身が感動するものでないとお客様も感動させられないと思うし、やっぱり自分もつくりたいと思ってつくったものがお客様の希望と合っている、のが理想だなあと今は思っているんだと気がつきました。

何かわかりにくいですかね。

花屋に勤務していたとき、大きなお店だったのでいろんなリクエストがきて、その中にはやっぱり自分の好みとは違うものもありました。でもそれはそれで、いかにお客様のリクエストが実現できるかを楽しんでいました。ただ、自分の好みではないから、つくったものが本当にきれいなのかどうか、お客様に喜んでもらえるのかどうか、がわかりにくくてつらいなあと思っていました。

自分の好きな感じを好きだと思うお客様が来てくれたら一番いいなあ、と思ったのも独立のきっかけのひとつかもしれません。

甘いわー!!と言われるだろうなとは思いますが、やってみないとわからないですもんね。

今まで興味がなかった方が、お花に興味を持つきっかけってなんだろうと思った時、やっぱり、見て「きれいだなあ」と思った時とか、誰かに贈った時にすごく喜んでもらった時とかじゃないのかなあと思うのです。だからこそ、感動してもらえるようなお花を作れるように、精進していきたいと決意した日でした。

画像は、そんなことを考えながら作ったリースです。

ランキングに参加しています。

クリックして応援してくださると嬉しいです→ 「にほんブログ村」

 

 

コメントを残す