blog

バラ「オールフォーハート」

母の日、ピンクのバラのみのシンプルな花束にオールフォーハートを仕入れました。

いい色ですねぇ。

オープン前ですが、何人かご注文くださった方の母の日の贈物をこれから発送します。お母さんへの想いを丁寧に包んで送り出したいと思います!

 

先日、腹立ちまぎれに自分自身がネガティブな言葉を発してしまったことを反省中・・・はぁ~何歳になっても大人になれませんねぇ。子どものときはお母さんや大人は完璧な人間っぽいように思っていましたが、自分がなってみると実はダメなことや失敗もたくさんしてるんだなあとわかりました。それでも「ごめん」と言って前に進むしかありませんが。

さあ、では気合入れていきます!!

ランキングに参加しています。

クリックして応援してくださると嬉しいです。→ 「にほんブログ村」

ダリアの屏風絵*アンティーク

飾るのをずっと楽しみにしていたダリアの屏風を設置してもらいました。迫力があってとっても素敵です。他の家具や照明はフランスっぽいものが多いので、そのコントラストがよいです。

地元の長崎で出島に行ったとき、オランダ商館の和洋折衷の部屋が再現してあって、畳と唐紙の壁紙に西洋の調度品を合わせてあるのが素敵だなあと思っていました。そんなふうに、和と洋の両方を合わせていい感じにできたらよいなあと思います。

amboiseさんにお願いしている家具も、渾身のメンテナンスをしてもらい、感動的な仕上がりになっています。どんな店内になるのか、私自身がすごく楽しみです。

たくさんの方に見に来てもらえたら嬉しいなあ。まずは無事にオープンできるように準備します!

 

ランキングに参加しています。

クリックして応援してくださると嬉しいです→ 「にほんブログ村」

 

 

あじさい「センセーション」

アレンジやブーケに入れると何でもおしゃれな感じになるあじさいですが、格子窓の前で撮ると昭和な感じですね。でもこれも似合います。

昨日はシャッターをあけてアレンジメントを作っていると、ご近所にお住まいのおばあちゃんが来てくださって、トルコキキョウを1本買って行ってくれました。94歳とおっしゃっていましたが、そんなご長寿のおばあちゃんにご来店第一号のお客様になっていただいて、何だか縁起がいいなあと思います。

それに、たった1本のことだけど、単純にとても嬉しいことでした。

シャッターをあけて作業していると、何をしているのか覗きに来てくださる方がいらっしゃいますが、中にはあんまり歓迎されてないのかなあと思うようなことをおっしゃる方もいて、あ~何かモヤモヤする~っていうことがこの1週間続いていました。だから、ちゃんとお客様になってくださる方がいてすごく励まされたのです。

しかしよくよく考えると、マイナスの言葉の方に影響されていたら、励ましてくれる方々に対して失礼ですね。・・・マイナスの言葉って、何でこんなに破壊力が大きいんでしょうねえ。私だけ??

とにかく、嫌な言葉はふーっとどこかに吹き飛ばして、楽しみにしてくれる人のためにいいものをつくろうっと。

 

ランキングに参加しています。

クリックして応援してくださると嬉しいです→ 「にほんブログ村」

ビンテージの流し台(東洋陶器)

昨日ようやく流し台の交換作業が終わりました。

ついていた流し台が、バケツを置いたりできないものだったので、何かもっと大きな流しに変えようと思っていて、タイル貼りにしようかと思っていたのですが、この白くてなめらかなビンテージの東洋陶器に緑が映えるだろうなあと直感が降りてきまして、どうやってつけるのかも考えずに購入してしまいました。

あまりの重さに壁付けするのが難しい上、配管のサイズが現在主流のサイズではなく、「これ使うの無理なのかなあ。この大きなかたまりどうしよ・・・」と思いかけましたが、助けてくれた方とひとつの奇跡で、昨日ようやく使えるようになりました。

古いものを使おうと思うと一筋縄ではいきませんが、とってもいい感じになりました。

ただの流し台の写真ですが、この数ヶ月ずーっと裏返しに置いてあった流し台が使えるようになって、感激のあまりアップしてしまいます!

 

ランキングに参加しています。

クリックして応援してくださると嬉しいです。→ 「にほんブログ村」

 

ドライフラワー*アンティークカラー

母の日のご依頼でドライフラワーのブーケとリースを作成しました。

フレッシュなお花はもちろん好きですが、ドライフラワーのアンティークな色合いもすきです。ドライフラワーには何となく、ゆっくりした時間が流れているような雰囲気がありますよね。

***********

ここまで書いて2日間ほど寝かせてあった文章です・・・

29日からうちのぼっちゃんが手足口病になって保育園を休んだため、思ったように仕事ができず、私の周りにもゆっくりした時間が流れておりました。

子育てをする中で自分に身についたなと思うことナンバーワンは、「あきらめる力」じゃないかなあと思います。いかにすぱーんと気持ちよく、未練を残さずあきらめられるか。おかげさまで、まさしく「ゴールデンウィーク」を満喫しました。

ゴールデンウィーク中は、とってもいいお天気でしたが、ぼっちゃんと一緒に歩きながら、ムッシュかまやつさんの「なんとな~く~しあわせ~」という曲を口ずさんでいたら、まさしく今の気分にピッタリだなあと思いました。

一緒にいると、ため息をついたり、笑ったり、大変なことと楽しいことがひっきりなしに、かわるがわるやってきますが、子どもがいるおかげでいつも何となく幸せな気分になるなあと思います。

 

ランキングに参加しています。

クリックして応援してくださると嬉しいです。→ 「にほんブログ村」

フローリストという仕事

先日「自分のつくりたいものを作るなら作家になればよくて、花屋はお客様の希望を聞いてそれを形にするものだ」という文章を読みました。

私もかつて全くそのように考えていたのですが、今は何かひっかかることがあって、それが何なのかこのところずーっと考えていました。

「お客様の希望を聞く」のはもちろんやらなければならないことだけど、自分自身が感動するものでないとお客様も感動させられないと思うし、やっぱり自分もつくりたいと思ってつくったものがお客様の希望と合っている、のが理想だなあと今は思っているんだと気がつきました。

何かわかりにくいですかね。

花屋に勤務していたとき、大きなお店だったのでいろんなリクエストがきて、その中にはやっぱり自分の好みとは違うものもありました。でもそれはそれで、いかにお客様のリクエストが実現できるかを楽しんでいました。ただ、自分の好みではないから、つくったものが本当にきれいなのかどうか、お客様に喜んでもらえるのかどうか、がわかりにくくてつらいなあと思っていました。

自分の好きな感じを好きだと思うお客様が来てくれたら一番いいなあ、と思ったのも独立のきっかけのひとつかもしれません。

甘いわー!!と言われるだろうなとは思いますが、やってみないとわからないですもんね。

今まで興味がなかった方が、お花に興味を持つきっかけってなんだろうと思った時、やっぱり、見て「きれいだなあ」と思った時とか、誰かに贈った時にすごく喜んでもらった時とかじゃないのかなあと思うのです。だからこそ、感動してもらえるようなお花を作れるように、精進していきたいと決意した日でした。

画像は、そんなことを考えながら作ったリースです。

ランキングに参加しています。

クリックして応援してくださると嬉しいです→ 「にほんブログ村」

 

 

ショップ案内

ようやくまわりの方にオープンのご案内をはじめられました。

しかし実は、6月1日にオープン・・・したいけど、できるかわからんけど、したい・・・というあやうい日程です。告知しておいてできなかったらごめんなさい。

 

今日はゴールデンウィークの真っ只中で母の日前。普通のお花屋さんは超繁忙期で、少々焦りを感じてしまいますが、朝からお庭に出てたら、いいお天気で緑と空がきれいで、植物も若葉がどんどん大きくなって、気持ちがいい一日が始められました。

 

気持ちいい空気や自然に触れると、たいがい「ああ楽しい人生だなあ」と思えるもんですね。

ランキングに参加しています。

クリックして応援してくださると嬉しいです。→ 「にほんブログ村」

 

ショップオープンの予定

扉に看板のシールを貼ってもらいました。貼ってもらっただけで何かお店っぽい感じになってきました。

これから、流しの台をアンティークの大きいものに変えてもらったり、外の壁を一部改装してもらったりして、それから私の大好きな長崎のアンボワーズさんから届けてもらう家具が入って、ようやくオープンです。

アンボワーズさんはカフェとアンティークのお店で、一歩敷地に入ると「どこでもドア」でフランスの田舎に来てしまったような感覚になるくらい、外観も内装も流れている空気も、ほんとに素敵なところです。

amboiseさんのボーページはこちら→       http://amboise.jp/

 

shopオープンは6月1日(にしたい)予定です!

ランキングに参加しています。

クリックして応援してくださると嬉しいです。→ 

 

ブロカントのバケツ

お店で使うバケツなどの備品も古道具を使いたいと思って、ブロカントのバケツやミルク缶などを集めています。・・・が、いざ使ってみるとほぼ全部水が漏れました。(涙)

おとしを入れて使うしかないかなあと思っていたら、穴をふさぐ方法を教えてくれる人がいました。

異業種のお友だちがいるのって、こんなにありがたいことだったのだなあと今改めて思っているところです。

アンティークのバケツはもう買わないほうがいいかとあきらめかけていたけど、お店作りを妥協しないですみそうです。これでジャンジャン買っても大丈夫!!安くで見つからないかなあ!

 

ランキングに参加しています。

クリックして応援してくださると嬉しいです。→